高校入試の面接ではじめのよくある質問

高校入試の面接のよくある質問の中で
確実にされる質問があります。

それは受験番号と氏名です。

この質問は99%質問されるので、確実に答えれる様にしましょう。

自分の名前と受験番号なので、ほとんど間違えることはないのですが
質問に対してどの様に答えるかが大切です。

この質問を早口にならない様にゆっくりと答えることが大切です。

早口で話をしてしまうと、緊張が余計に高まってしまう事が多いです。

逆にこの質問を使って、緊張をほぐせる様にしましょう。

笑顔ではっきり相手に解りやすく丁寧に答えて下さいね。

具体例

面接官「受験番号と氏名を言って下さい。」

受験生「はい。受験番号0000 、 面接 太郎です。 よろしくお願いします。」

。や、の所は国語の授業で習った様に少し間を空けるといいです。
また、受験番号と名前を言い終わった後に、一呼吸を置いて

「よろしくお願いします。」
「よろしくお願い致します。」

などと一言添えると面接官にとても良い印象を持ってもらえます。

難しい工夫ではないので、是非試してみて下さいね。

ページの上部へ戻る

その他の高校入試面接で最初に聞かれる質問。その1
その他の高校入試面接で最初に聞かれる質問です。

これらの質問は余りされる事はありませんが、聞かれた時に正確に答える事が出来る様にしておいて下さい。

その1.

面接官:「あなたの中学校の名前と担任の先生の名前を教えて下さい。」

受験生「はい。私は○○市立○○中学校に通っています。担任の先生は○○、○○先生です。」

この質問のポイントとしては学校名を正式名称でしっかり伝えることが出来るかどうかの言い方です。

例えば、○○南中学校だとして、「なんちゅうです。」
であったり、略した形の縮めた言い方をするのは絶対にいけません。

必ず、正式名称で話してください。
実は僕自身は奈良県の斑鳩町という所に住んでいました。て、

中学校が奈良県立なのか、斑鳩町立なのか、面接の前日に調べた記憶があります。

今はインターネットがあるので、調べるのはそんなに難しくないはずです。

都道府県立なのか、市町村立なのかしっかりチェックしておきましょうね。

Menu Title