表情チェック

直ぐに笑顔を作れますか?

 

「ハイ、笑って!」

といわれても直ぐに笑えない。
笑顔を作るのが苦手。
そんな生徒さんもいると思います。

表情作りをする時に気をつけて欲しい所は2点です。

一つは自然ないい笑顔を直ぐに作れる様にする事。
もう一つは正面の物を見る時にきちんと顔が正面を向く様にする事。

練習法は3つです。

1.自分で鏡チェック!
2.お父さん、お母さん、兄弟などに試してみましょう
3.友達とお互いにチェック!

 

その時の鏡でこの2点をチェックしてみて下さい!

笑顔を作る時のポイント

 

その1.
面接用の笑顔は口を大きく開けたり歯を見せたりしない様にして下さい。
その2
だからといって口元だけで笑顔を作るのではなく顔全体でいい印象の顔を作って下さい。
その3
笑顔を作って話す事が出来る。話している時に真顔に戻ってはいけません。

 

1.鏡チェック
毎日5分でいいのでいつもより早く起きてみて下さい。
朝起きたら顔を洗いますよね?
その時に笑顔の練習をして下さい。

鏡に向かってニコっと笑って下さい。
面接官の人に挨拶する時や、会釈する時。
何かを話す時も基本的に笑顔で話している方がいい印象を与えられます。

笑顔を作る事が簡単に出来る様になれば、
次は笑顔のまま話す練習です。

昔、生徒で実際にいたのですが、
練習を重ねてとてもいい笑顔を作る事が出来るのですが
話をしだすと真顔になり、心がこもっていない感じに見えてしまうのです。

いい笑顔が出来るだけに逆にギャップが大きくて笑顔も作り笑顔に見えてしまいます。
素敵な笑顔のまま話す練習は実はとても大切です。

しっかり練習して下さいね。

 

2.家族に協力してもらう

いつもお子さんを見ているお父さん、お母さん。
また兄弟のみんなに協力をしてもらいます。

やる事は基本的に同じです。
直ぐに笑顔を作る練習。笑顔を作って話が出来るか。

その際に不自然な笑顔になっていないか。
口を大きく開けたり、歯が見えていないか。
しっかり正面を向いて話が出来ているか。

この様な点を注意してあげて下さいね。

 

3.友達に協力してもらう

基本的には友達と一緒にやる場合も家族と一緒にやってもらう時と同じです。

直ぐに笑顔を作る練習。笑顔を作って話が出来るか。

その際に不自然な笑顔になっていないか。
口を必要以上に大きく開けたり、歯が見えていないか。
しっかり正面を向いて話が出来ているか。

同じ様にこの様な点をチェックしてお互いにアドバイスしあってあげて下さい。

毎日意識をするだけで、意外と表情はよくなります。
面接対策だけでなく、普段も明るくなったね。
といわれる事も増えると思いますよ。

是非毎日試して下さいね。

Menu Title