言葉遣いの練習

 

ad1206cc20e8b5228981a178360dcca0_s

 

敬語を使う場面ってどんな時ですか?

学校の先生と話す時。校長先生と話す時。塾の先生と話す時。習い事の先生。
お父さんに敬語で話をしている子もいるかもしれませんね。

 

 

普段の会話の中でも練習できるんですが、

時間を決めて敬語の練習をしてみるといいです。
この時間は正しい敬語を使かって話す時間。
そう決めてお父さん、お母さん、お爺ちゃん、お婆ちゃんに話しかけてみて下さい。

 

使い方が違っている時は、その場で直ぐに教えてもらって、正しい敬語で話しなおしましょう。
メモ帳を持っておいて、その都度その話し方をメモして下さい。

夜寝る前や朝起きた時。時間が空いた時を使ってそのメモを見直して下さい。

それだけでも敬語で話す力がかなりつきます。

 

もっと敬語の力を付けたい!

そんな生徒さんには作文がお勧めです。

お父さんや、お母さんを主人公にして作文を作る。
学校の先生の作文。自分自身の事を書いても構いません。

全ての登場人物に対して敬語を使って書いてみます。

「尊敬語」と「謙譲語」の使い方を特に注意をして書く様にして下さいね。

 

学校の先生や、家庭教師の先生、塾の先生、お父さん、お母さんの誰かに見てもらい、
正しい敬語を使えているか確認して下さい。

この作文を書く事で敬語の勉強だけでなく、

国語の力や、作文の力も身に付くので是非試してみて下さいね。

Menu Title