歩き方と座り方の説明

これは出来れば学校で練習するのがいいです。
理由は面接の時に使ういすが学校のいすに似ていることが多いからです。

基本的にいすの後方からいすに向かって歩いていき、いすに座るパターンがほとんどです。

 

 

その際のポイントは3つです。
■1回いすの横に並ぶ
■「座って下さい」や「どうぞ」といわれてから座る
■座る時に前に1歩移動してからいすの前に進み、まっすぐに座る

この際に絶対にしてはいけない事はいすの後ろから斜めに前にいって座るという座り方です。
見た目もよくないですし、マナー違反なので、3つのポイントを抑えて座って下さい。

座り方については。座っている時の姿勢についても説明します。
座っている時の姿勢は男子と女子で共通している部分もありますが、気をつけるポイントが違う所もあります。
性別に分けて説明します。

『男子』
■ひざをこぶし二つくらい開けて座る
■手は軽く握って太ももの上において下さい

『女子』
■ひざをしっかりとつける
■両手は指を伸ばして軽く重ねる

手の位置とひざの位置が違うので、気をつけて下さいね。

『男女共通』
■深めに腰掛ける
■あごを引く
■背筋を伸ばす
■背もたれにもたれかからない

座っている時の姿勢は学校の休み時間などで練習して下さい。
毎日の休み時間の中で1つの休み時間を使って練習してみて下さい。

放課後に5分だけ時間をとって練習してもいいかもしれませんね。

座り方や歩き方は普段の生活の中でも気をつければいくらでも練習できます。
面接官の先生への印象も得点アップの秘訣です。
必ず練習して下さいね。

PS.面接の時にごく稀に机といすが両方あるケースがあります。
ほとんどないので、簡単に説明だけしますね。
■机の上に手を乗せない
■いすを引くときに音が出ない様に動かす

 

Menu Title