面接時の女子生徒の身だしなみ

男子に続いて、女子の高校の面接についての

女子に関しては髪型、上着、スカート、靴下と靴、その他の5種類に分けてご紹介していきます。

男子編でも話しましたが、短時間の面接で第一印象はとても大切です。
普段から身だしなみに注意して面接で合格の後押しが出来る様にしっかり対策しましょう!!

髪型
女子で髪の毛が長い場合は結ぶなどをしてきちんと整えておきましょう。
前髪は目にかからない様に必ずして下さい。
また結ぶ場合は、黒のゴムでとめる様にしましょう。
また髪の毛はきちんととかして清潔感のある様にしましょう。
また、パーマや髪の毛を染めることは厳禁です。

上着
上着は細かい部分にはなりますので、細かく書いていきます。
ネクタイやリボンの場合はきちんと整える様にして下さい。
先ず、ボタンやホックなどが取れていないか、汚れていないかを確認して下さい。
襟元や袖口は特に汚れが目立つ部分です。
また面接の日は必ずアイロンをかけてパリッとした格好で面接に臨んでくださいね。
校章やクラスのバッジなどをつけている場合も曲がっていないかなども確認して下さい。

スカート
スカートのブリーツはキレイにプレスしておいて下さい。
また面接官は正面に座ることが多いので、スカート丈は特に面接官の目につきやすいので注意する様にして下さい。

靴下・靴

靴下の色は派手な色ではなく、白や紺などの無地のものにして下さい。

靴は黒や茶の革靴か無地の運動靴を履く様にしましょう。
もし革靴で行く場合は必ず前日に磨く様にして下さいね。
革靴の色は黒か茶色にして下さいね。

また、受験会場が上履き持参の場合は必ず前日までに用意をしておいて下さい。
汚れが目立たない様にキレイに洗って清潔にしておく様にして下さいね。

足元はどうしても目立ちます。面接官に好印象を持ってもらえる様にして下さいね。

その他
それ以外の身だしなみの部分で気をつけた方が良いことを紹介します。
これは男子編でも書いているので、被る内容もあります。

・前日には必ず入浴をする。
・爪も綺麗に切る
・指輪やネックレス、ミサンガなどの装飾品は何もしない様にする。
・手はひざの上に置く様に。
・マニュキアや化粧、ピアスなどは絶対にやめておきましょう。
・ピアスの穴は直ぐに塞がらないので、普段から気をつけておきましょう。

身だしなみは昨日今日でいきなり改善するのは難しいです。
普段から心がける様にして下さいね。
相手が少しも不快に思わない様に。
逆に中学生らしい清潔感をもった身だしなみで面接感の高感度をUPさせましょう!!

Menu Title