面接の4つの種類

面接の種類は大きく分けて4つです。

先ず一つ目は

生徒 対 面接官

これが一番多い形です。
これは文字通り生徒1一人に対して面接官が1人?4人程度が面談して話す形になります。

二つ目は

生徒のグループ面接です。
グループ面接は生徒が数人に対して面接官が2人?4人になります。

三つ目が
保護者同伴の面接です。
保護者方が1名と生徒が1名、それに対して面接官が2名?4名という形が多いです。

最後の4つ目が、

生徒と保護者を別々に面接をするタイプです。
生徒対面接官の面接をして、保護者と面接官だけで面接試験をする形です。

1つ目から4つ目の順に
多い面接のタイプの順番になります。

高校入試の面接に関しては
1つ目と2つ目の保護者が面接に参加をしないタイプが大半です。

Menu Title